革の痛みの良さ

革は痛みやキズも時が刻んだ年輪になります。

革製品のカバンなどは、キズや痛みもそのカバンの独特のアクセントとなり表情の一つになります。
長い時間一緒に行動をしてきた時の年輪となります。
キズや痛みが発生する場所は、その人の使い方によって異なり、その人だけの模様です。

革製品の場合、キズや摩耗や摩擦による痛みが発生しても、
布製品のような繊維とは違い切れてしまったり、裂けてしまうという事が有りません。
触った時の感触も変わり、ツルツルしている感触では無く、
ざらざらとしながらもとても柔らかい感触になり、手に馴染みやすくなります。

大切なカバンに付いてしまった傷に対しても愛着心がわいて来るのも革製品の経年変化を楽しめるポイントです。
旅行や仕事、プライベートでの移動も常に一緒となるので、
日常生活においてもっとも身近な存在となり、常に大切な荷物を守ってくれています。
カバンや財布、名刺入れや筆箱など、必要なシーンに合わせた製品が用意されているのも特徴の一つです。