経年変化とは

革に起こる経年変化

革は生きているかのように年齢とともに姿を変えて行きます。
革の経年変化として、代表的な変化は、大きく分けると三つの革の経年変化があります。

一つ目は、使い続ける事によって光沢感が増していくことです。
光沢感が増すことによって、革独特のつやが増すので、買ったばかりの状態には無い輝きが生まれます。
長く使い続けた事によって得られれる価値が有ります。

二つ目は、革のカラーに深みが増します。
購入時とは比べられないほどの深みは、色々なシーンで発生する摩擦による摩耗、
夏の日差しによる日焼け、冬の乾燥による荒れ、雨の日などの湿気など様々な要素が有り革オリジナルの色合いが生まれます。

三つ目は、使う人の癖や姿勢などによって革の質が柔らかくなったりすることです。
独特の肌触りと、カバンの背負いやすさ、肩ひもの柔らかさなど、その人の体の特徴に合わせて革も変化をして行きます。
ずっと長い期間を一緒に過ごしていけるパートナーとなります。