革の懸念変化の魅力をご紹介

共に歩み続けるカバン

カバンはいつも身近にある物で、その中にはビジネスシーンやプライベートで必要な大切な物が詰まっています。
そんなカバンの革は、使う人によって表情を変え、その人の行動や性格、表情に馴染むようになってきます。
革の経年変化が起こることによって、カバンは完成します。

工場出荷状態のカバンは、未完成の完成品です。
特にタンニンのなめし革は、使えば使い続けるほど色艶を増してきて、
革の経年変化よって自分だけのオリジナルの深さが出てきます。
毎日使うものなので、早い人では2年ほどで本来のカバンが完成します。
その過程において、キズが付いたり、しわが入ったり、粗く削れてしまった部分も発生してきます。

そういう部分も、そのカバンが刻んできた時の年齢となります。
使うほど手に馴染むので、目を閉じていても自分のカバンか他人のカバンか、感触で違いを感じ取ることができます。
愛着心が湧いて来る長く付き合って行けるパートナーとなります。

革の経年変化を楽しめるHERZの製品

HERZの製品は、革の経年変化を目で見るだけでなく肌で感じられます。
それは、手触りであったり、感触であったり、使い心地や、持った時のしっくりとする感じです。

最初はまだ使う人の肌や姿勢、持ち方や掴み方に馴染んでいません。
使い始めてから2年、3年経過するとともに、革の経年変化が発生し、
自分だけのオリジナルマイカバンになっていきます。
その中でもHERZの製品は、タンタニのなめし革を利用していて、
使い始めは革が固いと感じたり、開きずらいと感じる事が有るかもしれませんが、
タンタニのなめし革の特徴として、使い続ける事によって、柔らかくなっていきます。

最初は鮮やかな明るい色だったカバンも、革の経年変化で徐々にダークブランになっていきます。
落ち着いた色合いになり、掴んだだけで自分のカバンかどうか判断できるほど、着実に肌に馴染みます。
HERZの製品は、人生の長い時間、大切な物をずっと預けておける大切なパートナーになりる身近なアイテムです。
HERZの革製品の経年変化をご覧になりたい方はこちらから。